シュアラスター ガラス系コーティング ゼロドロップ レビュー

【簡単撥水コーティング】シュアラスター ガラス系コーティング ゼロドロップ レビュー【比較画像あり】

車の撥水しているのが好きで、コスパの良いシュアラスターのゼロドロップを購入。

使用方法や耐久性、撥水性能などをレビューしていきます。


 

かつきちです。Twitterもやってます。  【レビューなどの依頼はこちら

 

結論

良い点

  • 撥水効果が高い
  • ガラスコーティング車にも使用可能
  • 樹脂パーツなどボディ以外にも使用可能
  • ムラになりにくい

 

悪い点

  • 耐久性が表記よりも短い

 

シュアラスター ゼロドロップ

シュアラスター ゼロドロップ

シュアラスター ゼロドロップ、かなり有名な簡易コーティング剤でカー用品店にはもちろん、ホームセンターの車コーナーにも当たり前に売っている商品です。

 

シュアラスターというアメリカの会社で、車のワックスをはじめ様々なカー用品を販売している会社です。

洗車好きでは知らない人はいないくらい有名なメーカーです。

 

今回、購入したのはゼロドロップという撥水タイプのものですが、他にも販売しており親水タイプの"ゼロウォーター"もあります。

 

ワンランク上に位置付けられている撥水系の艶が強く出る"ゼロプレミアム"というものもあります。


今後すべて購入し、違いをレビューしたいと思います。

 

ゼロドロップの効果と役割

シュアラスター ゼロドロップ

ゼロドロップは、いわゆる簡易コーティング剤というものになります。

つまり、簡単に車をコーティングできるものということです。

車が濡れた状態でも使用可能となっています。

 

ゼロドロップは超撥水効果があり、かなりの撥水効果が期待できる簡易コーティング剤になっています。

もちろん、超撥水だけでなく艶を出したり防汚の効果もあります。

 

公式ホームページには耐久性は約2ヶ月と記載されています。

 

どういう原理のものなのか

ゼロドロップなどの簡易コーティング剤は、どのような原理でコーティングをしているのか?と気になる方も多いかと思います。

 

ゼロドロップに関しては、スプレーを吹きかけて塗り伸ばすことで、シリコーンという成分の膜を車のボディーの上に張るようなイメージです。

 

時間が経ったり車を使用していると、その膜が砂埃や雨などで劣化するので、薄い膜がはがれてきて効果が落ちるというようなイメージです。

 

簡易コーティング剤のイメージとしてはこのようなイメージで良いかと思います。

 

ゼロドロップはシリコーンという成分ですが、商品によりその成分が少しずつ異なるので、商品により様々な面での差が出てくることになります。

 

使用方法

ゼロドロップの使用方法ですが、非常に簡単です。

 

使用方法

  1. 洗車で車の汚れを落とす
  2. ゼロドロップを50cm四方に1回のペースでスプレーする
  3. 液材を塗り伸ばす(待ち時間なし)
  4. 水滴がなくなればOK

使用方法はめちゃくちゃ簡単で、洗車後にスプレーして塗り伸ばすだけです。

 

施工方法

スプレーすると特に粘性などもない液体が噴射されるので、この白い液体を拭きのばすだけです。

 

ポイント

車が濡れたままでもOKとのことですが、しっかりと車を拭いた後の方がゼロドロップの効果が高くなります。

 

ムラにならない

ゼロドロップの大きなメリットの1つが、ムラにならないというところです。

 

コーティング剤は、洗車慣れしている方でないと扱いが難しいものもありますが、ゼロドロップは普通に使用すればムラにはならないと思います。

 

スプレーして拭くだけなので、スプレーした場所を忘れた…とかスプレーして放置などしない限りはうまく施工できます。

 

だれでも使用しやすいのはかなりおすすめなポイントです。

 

艶はしっかり出ている

ゼロドロップ使用後の艶感を見ていきます。

艶

艶は結構出ていると思います。

写真では少し伝わりにくいですが、使用した部分としていない部分では艶感が結構違います。

マスキングテープで仕切りましたが、風の影響で若干未施工側にも飛んでしまったので、マスキングテープ付近は両方艶が出てしまっています。

 

艶比較

このようにマスキングテープを跨いでZero dropがかかってしまった部分は艶がでており、マスキングテープ部(未施工)と比べると明らかな艶が出ていることがわかるかと思います。

 

写真よりも実際の方が艶は見えやすいです。

 

どこまでの艶を求めるかは人それぞれですが、個人的にはこれだけ簡単な施工で艶が出れば十分だと思います。

 

撥水性能はかなり良い

次に撥水性能ですが、超撥水と書いてあるだけあって、かなり撥水しています。

撥水性能はかなり良い

ボンネットでZero dropを施工比較をしています。

施工した方はしっかりと水滴が落ちていきますが、未施工側は親水状態になりまとまっているのがわかるかと思います。

 

施工撥水

施工撥水拡大写真です。

しっかりと水が粒になって撥水されています。

 

未施工撥水

こちらは未施工側です。

水の粒が平べったく親水状態です。

 

サイドパネル施工比較

こちらはサイドパネルでの施工比較です。

マスキングテープを外しても明らかな撥水性能の違いが見て取れるかと思います。

 

Zero dropの撥水力はかなり良いと思います。

 

耐久性は保存状態・乗車頻度による

ゼロドロップの耐久性の部分についてですが、保存状態によって大きく差があるかと思います。

 

僕の自家用車は、マンションの屋根付きの駐車場で1週間に1-2回しか乗車しないので、2ヶ月とはいかなくても1ヶ月以上は結構な撥水効果があります。

 

しかし、外に置いてある仕事用の毎日乗るような車では1ヶ月と持たない印象です。

 

耐久性は保存状態や乗車頻度のよって異なるので一概に〇ヶ月というのは難しいと思いました。

 

とにかくコスパが良い

シュアラスター ゼロドロップ

ゼロドロップは、簡易コーティング剤の中でも価格がかなり安いです。

 

150mlで1300円(2023年8月現在)という価格になっています。

150mlで中型車約3台分だそうです。

 

最初150mlで試してみて、気に入ったら280mlや280ml×2本などの容量の大きいものだとよりコスパが良くなるので、そちらもおすすめです。


多くのパーツに使用できる

最初にも書きましたが、ゼロドロップはガラスコーティング車やホイールや樹脂パーツにも使用可能です。

 

ワックスなどは、樹脂パーツに塗ってしまうと樹脂パーツが白くなったりするので樹脂パーツとの境目などはかなり神経を使いますが、ゼロドロップは樹脂パーツにも使用可能なので、大雑把に使用でき非常に楽です。

 

内装にも使用できる(樹脂パーツ)ようなので、これ1本で外中両方対応というのも便利です。

 

まとめ

今回は、シュアラスター ゼロドロップの役割の解説やレビューをしました。

 

撥水が好きな方で、簡単にコーティングし車を綺麗に保ちたいという方には非常におすすめです。

 

しかも、価格も安いですし、施工しやすいという3拍子揃った商品なので、迷っているのであれば一度試してみるのが良いかと思います。

 

最初は150mlで試し、気に入ったら280ml・280ml×2本とコスパの良い容量にするのがおすすめです。

 


 

【プロも愛用】Logicool G640 レビュー【安いマウスパッド】

PC ガジェット ゲーム

2024/2/26

【プロも愛用】Logicool G640 レビュー【安...

Evoon ガジェットポーチ レビュー

ガジェット 生活用品

2024/2/7

【高品質】Evoon ガジェットポーチ レビュー【使い...

FIFINE AmpliGame H9 レビュー

ガジェット

2024/2/5

【コスパ重視】FIFINE AmpliGame H9 ...

SOUNDPEATS GoFree2 レビュー

ガジェット

2024/1/22

【オープンイヤーイヤホン 】SOUNDPEATS Go...

XTAR MX4 Mini Mixer レビュー

ガジェット

2024/1/25

XTAR MX4 Mini Mixer レビュー【これ...


マイプロテイン
参考【クーポン付】健康のためのプロテインについて解説【飲むタイミングと効果解説】

続きを見る


【初心者におすすめ】DJI Osmo Mobile SE レビュー【Pixel7でも使える】
参考【初心者はこれで十分】DJI Osmo Mobile SE レビュー【Pixel7でも使える】

続きを見る

 

 

-
-,