コスパの良いおすすめCPU紹介

PC

【自作】コスパの良いおすすめCPU紹介【2024年】

2024年3月11日

本ページは広告が含まれています。

CPUの世代も上がってきており、最新世代や旧世代も含めてコスパの良いCPUを紹介していきます。

かつきちです。Twitterもやってます。  【レビューなどの依頼はこちら
1万円台おすすめCPUまとめ
参考【初心者】1万円台おすすめCPUまとめ【コスパ自作PC】

続きを見る


 

結論

ミドルレンジ帯おすすめCPU

  • Intel Core i5 12400F
  • Ryzen 5 5600X

ハイエンド帯おすすめCPU

  • Intel Core i7 12700F
  • Ryzen 7 7700

 

はじめに

最初に最近のCPU世代の紹介をしておきます。

 

CPUの名前から世代やクラス帯を見る方法はこちらで解説していますので、わからない方はこちらを一度ご覧ください。

その他、CPUのコアやスレッドなどの解説もしております。

初心者向け自作PC講座【CPU編】
参考初心者向け自作PC講座【CPU編】

続きを見る

 

Intelの最新世代は、14世代となっています。

Ryzenの最新世代は、8000シリーズとなっています。

 

最新世代のCPUは確かに性能は高いのですが、価格が高いためコスパが良いとは言えません。

そのため、今回紹介するCPUは最新世代ではなく型落ちとなります。

 

型落ちでも性能は十分

型落ちでも性能は十分

PCパーツ全体に言えることですが、型落ちでも性能が低いということはありません。

 

その理由としては、世代交代がかなり早く行われるからです。

 

ちなみに、intelは最新が14世代で、発売日が2023年10月です。

 

1世代前の13世代の発売日は、2023年1月です。

1年経つ前に世代交代がされてしまいます。

 

そのため、4世代前でも2年前という程度のものになるので、型落ちでも性能は十分過ぎるほどあります。

 

最新パーツで揃えたいというこだわりがあるわけではなければ型落ちで高い性能のCPUを選ぶことをおすすめします。

 

intel Core i5 12400F

intel Core i5 12400F


最初にコスパの良いCPUとして紹介するのは、intel Core i5 12400Fです。

性能はミドルレンジ帯です。

 

Core i5 12400F2022年1月に発売されたCPUで発売から2年程度しか経っていないので、まだまだ現役で戦えるCPUです。

スペックはこちらとなっています。

Core i5 12400F(Alder Lake)
世代第12世代 Core プロセッサー
ソケット形状LGA1700
コア数6
スレッド数12
TDP65W
クロック周波数2.5GHz
最大動作クロック周波数4.4 GHz
マルチスレッド
二次キャッシュ7.5MB
三次キャッシュ18 MB

現在(2024年3月)は、価格は20000円程度とかなりコスパが良いCPUとなっています。

 

使用用途としては、ゲーム・動画編集など通常レベルで可能といったところです。

配信・ゲーム実況などは、できなくはないですがもう一つ上のランクのCPUの方が良いという感じです。

 

個人的には趣味でゲームをされる程度であればCore i5 12400Fが一番おすすめです。

 

Ryzen 5 5600X

Ryzen 5 5600X


Ryzen 5 5600Xもコスパの良いCPUとなっています。

 

こちらは2020年11月の発売となっています。

今でもコスパがよく人気の高いCPUです。

 

スペックはこちら

Ryzen 5 5600X
世代Ryzen 5000シリーズ
ソケット形状Socket AM4
コア数6コア
スレッド数12
TDP65 W
クロック周波数3.7GHz
最大動作クロック周波数4.6 GHz
マルチスレッド
二次キャッシュ3MB
三次キャッシュ32 MB

現在(2024年3月)の価格は、18000円の価格となっています。

 

intel Core i5 12400FとライバルになるミドルスペックのCPUです。

使用用途としては、ゲーム・動画編集など通常レベルで可能といったところです。

配信・ゲーム実況などは、できなくはないですがもう一つ上のランクのCPUの方が良いという感じと、intel Core i5 12400Fと性能はほぼほぼ同じです。

 

ゲームとの相性などはintelの方が良いと言われていますが、ryzenの方が通常作業は向いていると言われています。

 

しかし、ゲームをしていたり、通常作業をしていて性能がちょっと落ちるな。と気づく方はいません。

数字で表した場合にそうなるというレベルですので、気にしなくて良いと思います。

 

個人的には、価格を抑えるのであればintel Core i5 12400Fよりも2000~3000円安いRyzen 5 5600Xがおすすめです。

 

Intel Core i7 12700F

Intel Core i7 12700F


Intel Core i7 12700Fは、ハイエンドの中でコスパの良いCPUになっています。

2022年1月に発売されています。

 

スペックはこちら

プロセッサ名Core i7 12700F
世代第12世代 Core プロセッサー
ソケット形状LGA1700
コア数12コア
スレッド数20
TDP65W
クロック周波数2.1GHz
最大動作クロック周波数4.9 GHz
マルチスレッド
二次キャッシュ12MB
三次キャッシュ25 MB

価格も45000円とハイエンド帯の中では安価となっています。

 

コスパは良いですが、ここまでの性能のCPUを買うなら、最強クラスの12900Kを買うぜ!という方もおられることは確かです。

しかし、Intel Core i7 12700Fでも配信・ゲーム・動画編集など十分にこなすことができます。

 

個人的には、このクラスのCPU以上はロマンになってくるので、Intel Core i7 12700Fが一般的に使用する範囲での最強かつコスパ良いCPUだと思います。

 

Ryzen 7 7700

Ryzen 7 7700


Ryzen 7 7700もハイエンド帯でコスパ重視のCPUです。

2022年9月に発売され、今でも人気も非常に高いCPUとなっています。

 

スペックはこちら

プロセッサ名Ryzen 7 7700
世代Ryzen 7000シリーズ
ソケット形状Socket AM5
コア数8コア
スレッド数16
TDP65 W
クロック周波数3.8GHz
最大動作クロック周波数5.3 GHz
マルチスレッド
二次キャッシュ8MB
三次キャッシュ32 MB

 

Ryzen 7 7700と似たようなCPUで、Ryzen 7 7700Xというものがあります。

Ryzen 7 7700Xはゲーム重視の性能なっており、TDPも105Wと跳ね上がります。

 

正直、並のゲームならRyzen 7 7700でも全く問題ありません。

GPUも高性能でゲームしかしないというくらいの方ならRyzen 7 7700Xが良いです。

 

正直、Ryzen 7 7700とRyzen 7 7700Xは価格も大きく差がないので、時価で安い方or同じ価格ならRyzen 7 7700Xを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

今回は、コスパの良いCPUを紹介しました。

 

最もコストパフォーマンスが高いものはミドル帯のCPUだと思います。

GPUの性能によりますが、ゲーム・動画編集も可能ですし、配信などをしないのであれば十分な性能です。

 

ゲーム配信をしたい方であればハイエンド帯の性能は必要だと思います。

intel・Ryzenにこだわりがないのであれば、価格の安い方を選ぶのが良いと思います。

 

CPUに関してはメーカーによる差は、まず感じないと思います。

時価による変動が大きいので、購入時にしっかりと見定めることが大切です。


Flydigi Vader 3 Pro

ガジェット ゲーム

2024/4/8

【格ゲー・FPSどちらにも最適】Flydigi Vad...

TRUEFREE O1オープンイヤーイヤホン レビュー

ガジェット

2024/4/8

【安いオープンイヤー型】TRUEFREE O1オープン...

【プロも愛用】Logicool G640 レビュー【安いマウスパッド】

PC ガジェット ゲーム

2024/4/8

【プロも愛用】Logicool G640 レビュー【安...

Evoon ガジェットポーチ レビュー

ガジェット 生活用品

2024/4/8

【高品質】Evoon ガジェットポーチ レビュー【使い...

FIFINE AmpliGame H9 レビュー

ガジェット

2024/4/8

【コスパ重視】FIFINE AmpliGame H9 ...


グラボ交換方法を実践解説
参考【初心者向け】グラボ交換・装着方法を実践解説【BTOパソコンでも可能】

続きを見る


ファンの取り付け
参考【丁寧に解説】PCケースファンの取り付け方【初心者向け】

続きを見る

 

-PC
-